システムエンジニアのうつ病対策

    一般的に、うつ病にかかりやすいと言われる職業の一つとして、システムエンジニアが挙げられます。IT関連業界というのは、他の業界と比較してうつ病が発症する率が2倍から3倍になるとされています。そのうち、システムエンジニアのうつ症状として特徴的なものが、イライラしやすくなる、集中力が落ちて意欲も湧かなくなる、アイディアが浮かばなくなる、作業効率が低下する、夜眠ることができない、などといった症状があります。抑うつの症状が見受けられるというよりは、判断力が落ちるといった脳の疲労を自覚する傾向があるのも特徴になっています。

    原因として考えられるのは、勤務体制が不規則になりがちで睡眠不足になることや、納期が厳しくプレッシャーがかかることなど様々ですが、室内にこもって日光を浴びなくなることでセロトニンが不足することも原因の一つです。対処法としては、適度に運動するようにし、セロトニンの分泌を促すことも有効です。セロトニンによって脳を元気づける効果が期待できるので、ストレッチしたり階段を利用して体を動かしましょう。

    また、屋外に出て日光を積極的に浴びると、セロトニンを増やすことができます。忙しくてなかなか時間が取れないという方は、昼食を職場の屋上で食べたりする方法もあります。慢性的に睡眠不足の方は、脳に疲れが蓄積しがちになるので、仕事の合間でも意識的に5分から15分程度仮眠をとることも大切です。

    うつ病とは何か、まずそれを知った上で、自分がうつ病にかからないための対策をしておけば大変な業務であっても上手に息を抜き、やりがいを感じることができるのだろうと思います。
    システムエンジニアのための”うつ病”対策】はメンタルケアについての詳細が記載されています。心身共に健康で働けるためにチェックしてみてはいかがでしょうか?

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です